商標登録を行えば第三者に勝手に使われることがありません

reagr
商標登録を勧めているコンテンツは、沢山見られますね。
何も弁理士や弁護士といったものが、仕事を確保するためにこれらのコンテンツを作成しているわけではありません。
中にはそういった目的の個人や法人もあるでしょうが、基本的には、自身が開発した商品やサービスに関しては、やはり商標登録をすることの方がメリットがあるのです。
その最たるものといえば、商標登録を行うことで、商標を第三者に勝手に使われることを防止することに繋がるからです。

性善説を信じる日本人の多くが抵抗感を示す

日本人というのは、小さな頃からの教育の影響からか、性善説を信じている方が多いものです。
最初から悪いことをする人間はいないって論理ですね。
例えば、独占使用をする権利を得られるけれど、別に他の会社や個人が使ってくれても構わない。
争いなどは好きじゃないし、裁判なんて大事を起こすつもりは、サラサラない。
自社の商品やサービスだけに使うつもりだから、別に必要はない。
だって「これを使って悪いことをする人もいないだろうし」という考えなんですね。
だからこそ、せっかくの財産となる商標登録をしないわけです。
確かにこういう考えの経営者などであれば、商標登録は必要ないかもしれません。
しかしながら、「第三者」の中には、あなたが思うような良い人間ばかりではないのです。

第三者も使えるというリスク

商標を第三者でも使えるというのは、想像以上にリスクを抱える状態なのです。
もしも後からあなたが考え、しかも営業努力などをし、信用を築き上げてきた商品やサービスであったとしても、それを使用することが出来なくなる恐れが生じるということです。
後から自社の商品やサービス名を真似したと訴えたところで、それは後の祭りというものです。
先願した方の勝ちであり、商標登録をしている側の言い分が正しいという日本の世の中ですから、商標登録をしておくことがオススメです。
自分のように店名などがかぶっていたとしても、それは気にしないといった方がほとんどなのかといえば、そうではないのです。
自社の商品やサービスが人気を得て、話題になったことを良いことに、商標登録がされているのかをリサーチし、していなければ、儲けられるチャンスだと商標を先に登録しようとする輩も存在しているということです。

事業を継続していくためのリスクヘッジ

ytdjyd
自身の事業を継続していく上で、社名をパクられた。
商品名を真似されて、自社とは関係ないユーザーから苦情が寄せられたり、口コミで悪評が蔓延している。
商標権侵害で訴えられた。
これではあまりに一企業としてのリスクヘッジが疎かだと言わざるを得ません。
事業を立ち上げ、それを継続していくには、最低限に守らなければならないことがあるはずです。
商標登録をすることで、少なくても第三者に自社の大事な「財産」を奪われるリスクを回避することが出来るわけですから、多少のコストは惜しまずに、商標登録はしておくべきではないでしょうか。
自身では、商標権を悪用して、裁判を起こし、損害賠償などをしようとは思わなかったり、商標権の売却をして、不当な利益を上げたいとは思っていない方がほとんどでしょう。
しかしながら、こう考えている第三者はゼロではなく、むしろ虎視眈々と機会を伺っている輩も存在しているという事実を忘れてはならないのです。
このため、第三者に勝手に使われることがなくなる商標登録は、絶対に行っておくべきなのです。
【PR】商標登録料について http://www.kaipat.com/trademark

新着情報

◆2016/11/13
商標登録を行えば第三者に勝手に使われることがありませんの情報を更新しました。
◆2016/11/11
商標が持っているはたらきの情報を更新しました。
◆2016/11/11
商標の変更使用と使用期限の情報を更新しました。
◆2016/09/30
基本情報の情報を更新しました。
◆2016/09/30
新しい商標を覚えておくの情報を更新しました。